その他のメリット


会計事務所の会社設立代行サービスを利用するメリットはほかにもあります。それは、会計事務所の税理士は、税務のプロである、ということ。どうしたら、必要な税金を間違いなく納めて、ムダな税金を抑えられるか、ということを熟知している、という点です。

会社を設立すると、消費税や法人税、源泉税など、個人事業で業務を行っていたときには、発生しない、または少額だったものが、大きく経営にのしかかります。特に消費税のように、起業後一定期間は、一定の条件を満たせば免除される税金もあり、これを有効に活用することで、スタートアップ時の負担を最小限に抑えることもできます。

相談また、金融機関とのつながりが強いのも税理士の強みの1つ。資金が必要なのに、なかなか融資が受けにくい起業時、税理士のアドバイスを受けながら事業計画書を作成したり、金融機関を紹介してもらうことで、比較的、融資を受けやすいという事例もあります。キャッシュフローや会計処理などの日常的な経理状況から、会社の効率的な運営方法をアドバイスしてもらえることもあります。

いずれも、会社設立時から共に歩んできた税理士だからこそ、気心が知れ、的確なアドバイスが得られるはず。長く継続し、発展していく会社を作る一歩が、会計事務所の会社設立代行サービスに、あるかもしれません。有効に活用していきたいですね。

ue reading »',

会社設立代行とは


書類会社設立代行サービスは、行政書士、司法書士、税理士などが行っている、会社設立に関する書類作成や、窓口への申請手続を代行してくれるサービスのことです。それぞれの士業で担当できる範囲が異なり、それぞれの士業が連携してサービスを提供することもあります。それによって価格も異なり、書類を作成するだけの行政書士は若干低額で、書類作成から公証人役場、法務局への申請まですべて丸投げできる司法書士は、若干高めの価格が設定されていることが多いようです。

そんな中で、会計事務所が提供している会社設立代行サービスは「0円」と設定されていることも多く、興味を持つ人も少なくありません。会計事務所は税理士が所属している事務所。税理士は書類作成と窓口への申請を代行することはできませんが、多くの会計事務所には、両方を代行できる司法書士が所属していることが多く、ほぼ丸投げすることができます。にもかかわらず、「0円」や非常な低額で会社設立代行サービスを提供しているのは、会社設立後、一定期間、経理事務に関する顧問契約の締結を条件としている会計事務所が多いからです。顧問契約は、定期的な帳簿の確認のほか、税金の申告時の書類作成などが含まれていることが多く、やはり煩雑で専門的な知識が必要な経理業務が正しく行われているかをチェックしてもらうために、多くの企業が契約していることが多いもの。親しい会計事務所がない場合、先を見越して、会計事務所に会社設立代行を依頼する人も少なくありません。

ue reading »',

株式会社設立の代行


会社を設立しようと思ったとき、考えるのが株式会社の設立です。株式会社は、日本で一番多い会社の形式。会社の運営資金が集めやすい、信用が高い、という特徴があり、行政や大きな企業と取引する際は、株式会社のほうが仕事になりやすい、ということもあります。

お金株式会社を設立するためには、手続を踏んで、法務局へ設立を申請し、法人登録をしなければなりません。会社の運営方法や目的、業種などを記載した「定款」の作成と公証人役場での認証、発起人や役員の就任承諾書、会社の印鑑届出書など、準備すべき書類は多岐に亘ります。必要な費用は20~24万円。作業に必要な時間は10日ほどかかるのが一般的です。専門的な知識があれば、それほど難しい作業ではないかもしれませんが、会社を作ったばかりで、勝手がわからないときに作成するので、わからないことや、調べなければならないことが多いのが実情です。しかし、一度法人登記して会社設立をしてしまうと、内容の修正がでた場合、改めて法務局や公証人役場に修正申請をしなければなりません。当然、日数や費用、変更に関する書類の作成など、時間的にも費用的にもコストが発生します。会社として本腰を入れて、仕事を始めようというときに、本業と離れた書類作成に多くの時間がとられるのも、心配になります。

最小限の時間と手間で、間違いのない、会社設立手続を行うために、会計事務所などの会社設立代行サービスを利用する人が増えています。このページでは、会計事務所を始めとする会社設立代行サービスについて、ご紹介します。

【参照リンク】
「手続き」記事一覧 | 税サポ ~起業・経営・税務をサポートするブログ~ Supported by アディーレ会計事務所

ue reading »',