会社設立代行とは


書類会社設立代行サービスは、行政書士、司法書士、税理士などが行っている、会社設立に関する書類作成や、窓口への申請手続を代行してくれるサービスのことです。それぞれの士業で担当できる範囲が異なり、それぞれの士業が連携してサービスを提供することもあります。それによって価格も異なり、書類を作成するだけの行政書士は若干低額で、書類作成から公証人役場、法務局への申請まですべて丸投げできる司法書士は、若干高めの価格が設定されていることが多いようです。

そんな中で、会計事務所が提供している会社設立代行サービスは「0円」と設定されていることも多く、興味を持つ人も少なくありません。会計事務所は税理士が所属している事務所。税理士は書類作成と窓口への申請を代行することはできませんが、多くの会計事務所には、両方を代行できる司法書士が所属していることが多く、ほぼ丸投げすることができます。にもかかわらず、「0円」や非常な低額で会社設立代行サービスを提供しているのは、会社設立後、一定期間、経理事務に関する顧問契約の締結を条件としている会計事務所が多いからです。顧問契約は、定期的な帳簿の確認のほか、税金の申告時の書類作成などが含まれていることが多く、やはり煩雑で専門的な知識が必要な経理業務が正しく行われているかをチェックしてもらうために、多くの企業が契約していることが多いもの。親しい会計事務所がない場合、先を見越して、会計事務所に会社設立代行を依頼する人も少なくありません。